営業職と車売却の共通点と数の重要性

営業職と車売却の共通点と数の重要性

以前に私は、営業の仕事をしていた事があります。その仕事から学んだ事の中には、車を売却する時に応用できるものが1つあります。
数ですね。

 

私が営業セールスをしていた時には、上司の方から数が大事だという話を聞きました。セールス活動では、少なからず顧客から断られます。それも1件や2件ではなく、何回も断られる事になります。初めて営業セールスを経験しますと、その断りによってちょっと気持ちが沈んでしまう事があるのです。

 

ところが私の上司の方は、1件や2件程度では判断できないとおっしゃっていました。その程度で沈むのではなく、数多くの所に訪問して見込みがありそうな顧客を見つけてくるのが大事という話を聞きましたね。つまり数が大事という訳です。

 

この数が大事という概念は、車の売却にもそのまま応用できると思います。車の売却は、やはり1社だけで決めない方が良いと思いますね。

 

例えばある車買取の業者から売却額が提示されて、かなり低い額だったとします。低いだけに、気持ちが沈んでしまうかもしれませんね。

 

しかしその1社だけでは、やはり判断が難しいと思います。1社だけでなく、2社や3社など複数の会社に対して査定を依頼してみると話は違ってくると思います。もしかすると別の会社からは、高い査定金額が提示される可能性があるからです。このため車の売却をする時には、数多くの業者に対して査定を依頼するのが大事になってきます。つまり営業セールスのお仕事でも車の売却でも、数が大事という訳ですね。

 

思えば営業セールスも車売却も、どちらも「売る」必要があります。ですので両者は共通点も多いと思いますね。
数が大事なだけに、やはり車の一括査定のサイトは非常に便利だと思います。