自動車と自転車の買取の共通点とプレミア価値

自動車と自転車の買取の共通点とプレミア価値

街で見かける車には、様々な種類があります。車というと一般的には乗用車を指しますが、自転車もある意味車の1つですね。人間の移動手段という意味では、自転車は車に近いと思います。

 

ところで自動車には、買取店があります。不要になった自動車を買い取ってくれるお店が、多数ある訳ですね。それは自動車だけでなく、自転車にもあります。いわゆる自転車買取というビジネスを営んでいる業者も沢山あります。

 

その車買取と自転車買取は、共通要素が多いと思います。その中の1つは、プレミア価値ですね。

 

自転車の中には、非常に珍しいタイプの物があるのです。例えば、生産台数が非常に少ない自転車ですね。ほとんど生産されていない自転車などは、買取金額が高めになる傾向があります。ですので貴重な自転車などは、買取金額も期待できるでしょう。ですので珍しい自転車をお持ちなのであれば、ちょっと強気に買取業者にアピールをしてみても良いと思います。

 

では車買取の場合はどうなのかというと、やはりプレミア価値はありますね。そして前述の生産台数もそうですが、自動車の場合は年式に左右される一面が大きいです。

 

例えば30年前に販売されているような車などは、プレミア価値があります。なぜなら公道を走っているケースが、非常に少ないからです。まして生産台数が少ない自動車となると、さらに買取金額は高くなるでしょう。20年前や25年前の車なども、比較的高めな金額が付く可能性があります。ですので古いタイプの自動車をお持ちなのであれば、自転車と同様に強気に査定士にアピールをしてみるのも良いでしょう。
ジムニー 下取り

 

このように「希少価値が買取金額を左右する事がある」のは、自動車と自転車の類似点の1つだと思います。